建築の現場のいろんな出来事
まちのシューレ
もう、随分ブログから遠ざかっていましたが
お知らせしたいイベントがありまして
関連する以前の出来事からさかのぼって
お伝えしようと思います。

高松市の中心部に位置する
日本1長いと聞いていたアーケード商店も
時代の流れとともに
以前ほどのにぎわいが翳り

以前の街なかの元気を取り戻すべく
再開発されている様子は
以前のブログでもご紹介いたしておりました。

そんな中、
新しくお目見えしていたお店の中に
ひと際気になるお店がありました。

高松の人には、もう御馴染みかもしれませんが
私の住む地方都市松山では
雑誌でしか見ることの出来なかった
憧れの作家さんの作品が
数多く置いてあって
ギャラリーのようなSHOP
『まちのシューレ』さんと言うお店です。

高松に行くたびに立ち寄っていると言う
お気に入りの建築士仲間もいるほどです。

そんな、ちょっと特別な感じのお店で
この秋、
地元讃岐の作家さんたちで構成された
企画イベントが開催されることになり
我らが森田先生にも
イベント出展のお話があり
昨日の草木染教室の流れで?
その打合せに同行させてもらうことになりました。

が、しかし
いざ『まちのシューレ』に立ち寄ってみると
入り口には張り紙が…
まちのシューレ張り紙
ガーン
棚卸しのためお休みだってぇ!

なんということでしょう…
と言うことは
先方にアポイント取って無かったんだ?
森田先生、恐るべし!

途方にくれた4名が
窓にへばりついて
中を覗き込んでいると

棚卸しのため
忙しそうに動き回っているスッタフとは
どこか違う雰囲気の中で
お店の人とお話をされている紳士を発見

『あの背中には、なんか見覚えがある!』

と、我々から注がれた熱い視線に気が付き
振り返ってくれたその人こそ
昨年、瀬戸内芸術祭の際
いろいろ相談事でお世話になりました
MIさんではありませんか!

ラッキー!
知ってる人がいてくれた

お陰で、棚卸し作業中にもかかわらず
お店の中に入れさせてもらって
無事
イベント担当者の方とも
打合せが出来ました。

残念ながら、お目当てだった
お食事までは出来ませんでしたが

「もし、MIさんが居なかったら
どうなっていたんだろう?」的な
スリリングな日程でしたが
無駄な時間を過ごす事もなく
目的も果たすことが出来ましたし
めでたし、めでたし…
窓ディスプレー
(お店の中を散策していて、かわいいディスプレーを発見)

ちなみに、森田先生が
ブログを再開

されるようですので
そちらもお楽しみに…

Comments

    • わだです's comment
    • 2011年10月21日 12:26
    • まちのシューレと聞いては黙ってはいられません。
      よりによって棚卸しの日に遭遇するとは。。
      それでもなんとかなってしまうところがさすがミチヒコさんですね!

      奥様のことですのでイベントの際にはしっかり先生のサポート役を
      おつとめになることと思います!




    • watanabeisyou's comment
    • 2011年10月21日 23:20
    • > わだ様
      コメントありがとうございます。
      11月2日のイベント開催前日の日は
      猫の手も借りたい状態ですので
      『是非!足をお運びください!お待ちしております』との
      妻からの伝言です。
      確かに伝えましたから…。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
今の時間
メッセージ
地方都市松山の
小さなインテリアデザイン事務所と、
頑張りやの若い大工さんと、
お施主さん
の3人4脚で作り上げた、
フランスの片田舎にあるような趣を
イメージした住宅が、
ただいま、
表紙
PLUS1HOUSING 別冊ナチュラアルインテリアの家に暮らしたい
style2(主婦の友社)
に掲載されていますので、
是非ごらんになっていただけたら幸いです。



ホームページ開設のお知らせ
渡邉意匠のホームページ
新設いたしました。
コチラもよろしくお願いします。
Recent Comments
ランキングサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑クリック
していただくと、
順位に反映されます


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




blogram投票ボタン

TREview

美の歴史

Categories
Archives
地域ブログに参加してます
愛媛と香川の情報はe-Komachiで!!

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ